アボカド栽培管理の決定版 – アボカド栽培のポイントと楽しみ方

アボカド栽培インデックス

人気の高いアボカド ~ 日本でも栽培への関心は急上昇!

日本国内で人気のアボカドはグローバルレベルの生産量も高い伸びを示しています。世界レベルでの消費量とそれに対する産地の供給量の増加により、多くのビジネスが生まれています。日本国内への輸入量も増加傾向で、一時的な減少は見られるものの、現在では広く需要が生まれている作物です。また、旺盛な需要があることは日本国内の生産者にも栽培への関心を高めさせる要因になっています。過去盛んに栽培されていた作物生産が成熟していることや国内の伝統的な流通経路の制約は、今後が期待される新しい作物への関心を高めるきっかけになっているものと思われます。アボカド栽培に適しているといわれる伝統的なかんきつ栽培地域では、自治体が積極的に産地化を目指した取り組みを行っています。日本国内ではアボカド栽培に取り組む農家が着実に増えているほか、早くも苗木の生産・販売に移行する生産者もいます。当サイトでは、生産や消費の状況、国内での経済栽培への取り組み、またアボカドの育て方や栽培するにはどこがポイントとなるかといった情報を掲載しています。


(キーワード: アボカド、生産、消費、国内、栽培、品種、耐寒性、ノウハウ、種、実生、苗木、水耕栽培)



ハワイアボカドフェスティバル(第14回)
アボカド栽培に関するプレゼンテーション(接ぎ木のコツ)

ハワイアボカドフェスティバル(第13回)
ハワイアボカドフェスティバル(第13回)

アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培における大前提

アボカドは何といっても熱帯果樹

この10数年で急速に輸入量が増えているアボカドは熱帯果樹です。日本に輸入されるアボカドの大部分はメキシコ産で、中南米地域の年間を通じて気温の高い産地で栽培されています。ほかにも、米国のカリフォルニア州でも栽培は盛んです。日本国内では、亜熱帯地域である沖縄では栽培は可能ですが、本州地域では品種選びや栽培地域の選定、栽培管理などがより重要になります。

温暖化といわれてもやっぱり寒い日本の冬

アボカドの輸入量の増大や消費者の人気から、日本国内でもアボカド栽培への関心が高まっています。特に、アボカド栽培は日本の伝統的な作物であるかんきつ栽培地域がアボカド栽培にも適していることから、特にかんきつの産地を中心に栽培が行われています。とはいうものの、温暖な地域であっても冬期は0℃を下回る地域も多く、寒さ対策を始め、耐寒性の高い品種の選抜なども行われています。

日本国内のアボカド栽培の傾向

近年人気のアボカドは農業の世界でも脚光を浴びていて、伝統的なかんきつ地域を中心にしてアボカド栽培が盛んです。しかしながら、多くの課題を解決しながらの栽培には多くのノウハウを必要とします。また収穫までには数年を要するため、果実の収穫とその販売という形態から、苗木の生産にシフトし生産者や愛好家へ販売するというビジネスモデルに転換する状況も見られます。苗木の生産による短期の収益モデルが一つの傾向であるといえます。

アボカド苗木の生産

アボカド苗木の生産に転換した場合も、そこには多くのノウハウが必要になります。耐寒性のある品種を使用した台木の準備を始め、優良品種の穂木を採取しなければならず、それを見極める経験やノウハウなど、商品価値の高いアボカド苗木の安定生産には、果樹を収穫するのと同様に粘り強い取り組みは必須です。



ハワイアボカドフェスティバル(第14回)
アボカド栽培に関するプレゼンテーション(接ぎ木のコツ)

ハワイアボカドフェスティバル(第13回)
ハワイアボカドフェスティバル(第13回)

アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの楽しみ方

ほんとは何百もの品種があるアボカド

日本で消費されている輸入アボカドの大部分はメキシコ産のハスという品種です。豊産性で日持ちもするハスは輸出入のロジスティクスを考えれば最適です。しかしながら、アボカドには数百もの品種があり、ベーコンフェルテピンカートンなど栽培家にはよく知られた品種のほか、ハワイで人気のシャーウィルなど、数え上げればきりがありません。特に、ハスは低温に弱いため日本での栽培にはあまり適しているとは言えません。そのため、アボカド栽培にチャレンジする農家の多くはその他の耐寒性のより高い品種を取り扱っています。

栄養価の高い機能性食品

アボカドには肝保護機能があると言われているほか、多くの栄養素を含む高機能な食品です。人気の食材であることから、多くのレシピが紹介されています。

“食べておしまい”ではないアボカドの水耕栽培での楽しみ方

アボカドの大きな種はもちろん土に植えれば芽を出しますが、もっと気軽に水耕栽培で楽しむことができます。当サイトでも水耕栽培や種を植えて発芽させる記事を掲載しています。



ハワイアボカドフェスティバル(第14回)
アボカド栽培に関するプレゼンテーション(接ぎ木のコツ)

ハワイアボカドフェスティバル(第13回)
ハワイアボカドフェスティバル(第13回)

アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの育て方

種から育てる(実生:みしょう)

食材として使われるアボカドの種を植えると、やがて芽が出てきます。種が乾燥しすぎてたり、植えるタイミングや気温にも影響されますが、数週間経過すれば種が二つに割れて中央から発芽します。そのまま順調に生長すると、薄い緑色をした大きめの葉が広がり、丈も高くなります。苗がすくすくと生長しているのを見ると、そのまま将来アボカドの実をならせてくれないかと期待しますが、実生の場合それはなかなか期待できません。

苗木を育てる

通常アボカドを栽培し実をならせるためには、苗木を育てる必要があります。質の高い苗木であれば、日本国内で栽培できる台木を使い、日本に適した穂木を接ぎしています。たとえ日本に適した品種であっても、冬場の寒さ対策は必須になります。温暖な地域でも植える場所によっては冷気が滞留するなどの要因で枯れてしまうこともあります。

日本での栽培のポイント

温暖な地域であれば、地植えでもアボカド栽培は可能ですが、若い苗木はまずは樹を生長させることが重要です。特に、日本の冬場の寒さや冷気を考えれば、防寒対策を行いながら段階的に鉢増ししていき、その後地植えするパターンが多いでしょう。ただし、地植えした後も、栽培している土地の状況に応じて季節ごとの対策をとっていくことが重要です。

根域

根域は地表から60センチ以内が理想です。アボカドの根は主根が数本に分かれて横方向に伸び、そこから側根が発生します。

有機物マルチ

表層土壌にやや太めの白い細根が生育している状態が理想的。落ち葉や敷き草などの有機マルチで土壌を覆うことが重要です。アボカドは成木になるころ自分の落ち葉で有機物のマルチを形成します。ただし幼木期は敷き草などをすることが樹の育成にはとても大切です。

乾燥対策

根が酸素を必要とするため、排水性の良い土壌が適しています。高温乾燥時に落葉するほど乾燥ストレスにあうと回復困難に陥るため、かん水が収量アップのポイントになるといわれています。

その他

夏季の土壌乾燥で樹が衰弱しやすいため、灌水できる場所が望ましいとされています。また、台風の強風による果実の落下、あるいは樹の倒伏被害を受けやすいため、低樹高整枝が大切です。

春枝の管理

開花期の5~6月に花房の中心から春枝といわれる新梢が発生しますが、その新梢につく葉が果実の生産に重要だといわれます。

夏枝の管理

7月中旬以降に、果実のなっていない春枝の先端部から新梢が発生しますが、これを夏枝といいます。

アボカドの栽培管理

アボカドは常緑樹で、その栽培管理はカンキツとほぼ同じと考えられます。たとえば、アボカドにも早生と晩生があり晩生の品種は樹上で越冬し翌年の春に収穫を迎えます。

落葉について

アボカドの葉の寿命はとても短く10~12ヶ月といわれています。また、冬の低温によって夏に発生した葉が落ちるため、さらに短くなる場合もあります。

アボカド苗木ができるまで(一例)

アボカド苗木を作るには、通常、実生の樹を育ててから接ぎ木をします。

実生樹の育成

市場によく出回っている「ハス」は耐寒性が低いため、「ベーコン」、「ズタノ」、「フェルテ」等を使用します。播種の適期は10~11月頃。種皮を取り除き、種の頂部と底部をカットし播種します。接ぎ木の適期は1~2月頃。通常、割り接ぎをします。穂木と台木は形成層が合わさるように接ぎ木します。一般の接ぎ木と同じ考え方です。発芽から約2ヶ月で新梢が硬化したら鉢上げをします。



ハワイアボカドフェスティバル(第14回)
アボカド栽培に関するプレゼンテーション(接ぎ木のコツ)

ハワイアボカドフェスティバル(第13回)
ハワイアボカドフェスティバル(第13回)

アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

奥深いアボカド生産と消費の世界

産地をめぐる状況

アボカドの主要産地である中南米では、重要な輸出作物であることから様々な課題があると聞きます。多量の水を使用するという点については、アボカドに限らず他の作物でも多くの水を必要とするのも事実です。サプライチェーンを考えれば一極集中の状況は望ましいことではないため、今後さらに多くの地域からの複数品種の供給が行われることが期待されるでしょう。その時の課題はやはり収穫量や保存期間などが課題となります。

輸入量に現れる社会の姿

2020年まで、日本へのアボカド輸入は8万トンに近づく勢いでした。しかしながら、2021年の輸入量は対前年度で減少に転じています。世界的なパンデミックの状況は日本の飲食店にも深刻な影響を及ぼし、おそらくそこで使用されていたアボカドの消費量は大きく下落したものと思われます。

ペルセア・ファミリーのYouTubeチャンネル

国内のアボカド栽培への取り組み



アボカド栽培のポイント



実践!アボカド栽培







アボカド栽培なら

アボカドマネージャーがサポート


アボカド栽培のキホンを知る



アボカド栽培の基礎知識



アボカド栽培のポイント

ゼロからアボカドを育てるポイントを紹介しています


アボカド栽培の基礎知識

アボカド栽培の本場がわかる情報を紹介しています


アボカド栽培に活かせるポイント

アボカド栽培を成功させる秘訣を紹介しています

アボカド栽培を成功に導くチェックポイント

アボカド栽培には注意すべきポイントもあれば、比較的手入れが楽な点などの特徴があります。アボカドは、から発芽させて接ぎ木をする方法や、あらかじめ穂木を接ぎ木して成長させた苗木を購入して栽培をスタートするなど、いくつかの方法があります。



ゼロからのアボカド栽培

上手に育て
栽培を成功させる

アボカド栽培の分野別チェックポイント



ハワイアボカドフェスティバル(第14回)
アボカド栽培に関するプレゼンテーション(接ぎ木のコツ)

ハワイアボカドフェスティバル(第13回)
ハワイアボカドフェスティバル(第13回)

アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドを取り巻く環境

アボカドは過去10年で日本への輸入量が増えていています。日本での消費量が増加しているのはもちろんのこと、アボカド栽培に目を向けると、後継者難や耕作放棄地など多くの課題がある農業分野でも経済栽培への期待から、その人気は高まっています。お店で買ってきたアボカドは水耕栽培で楽しむことはできますが、本格的に栽培し実らせるには特徴を理解しポイントを押さえることが必要です。

アボカド輸入量の推移

* 日本アボカド生産者協会によるアボカド統計情報より引用

世界のアボカド栽培

アボカドの経済栽培を支える
最適な生育環境

アボカド栽培の先進地域

クスノキ科ワニナシ属のアボカドは全世界で生産量が伸びている作物。日本への輸入量も大きな伸びを示しています。アボカドの原産地は中央アメリカ。日本に輸入されているアボカド「ハス」の大半もメキシコを中心とする中南米産です。そのアボカド栽培の本場の気候を見れば、アボカド栽培にどれほど適した土地なのかを理解することができます。

カリフォルニアが産地となる理由

アボカド栽培の適地カリフォルニアの年間平均気温

気象庁の「地点別データ・グラフ (世界の天候データツール(ClimatView 月統計値))」によれば、米国カリフォルニア州の年間平均気温推移は以下の通りです(2018年)。

カリフォルニアの平均気温

* 日本アボカド生産者協会によるアボカド統計情報より引用

国内のアボカドビジネス

確かな需要と
国産アボカドへの期待

アボカドの日本への輸入状況

アボカドは熱帯果樹で、日本での生産は一部の経済栽培を除きとても限定的です。2019年現在、70,000トンものアボカドが日本に輸入されています。

アボカドの国内生産状況




Jmap jQuery Example







出典:農林水産省、特産果樹生産動態等調査 注)平成30年産特産果樹生産動態等調査に基づき株式会社クリエイティブハウスコーポレーションが作成(日本アボカド生産者協会ウェブサイトから引用)。

日本でのアボカド栽培

成功に導く
実践的な栽培ノウハウ

アボカド栽培の体系的なアプローチ

アボカド栽培はポイントを押さえることで成功確率が高まります。

アボカド栽培注目トピックス

アボカド栽培管理

アボカド品種HAMACHIを知る

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理

アボカド品種MIT13を知る

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理

アボカド品種SHIRAIを知る

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培の「アボカドマネージャー」

アボカド関連ツイート

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培に活かせるポイント

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培の基礎知識

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培のポイント

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの実践的な栽培ノウハウ

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培マップ

国内のアボカド栽培

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培は「アボカドマネージャー」がサポート

世界のアボカド栽培

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

ゼロからのアボカド栽培

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドを体系的に栽培する

アボカド栽培に活かせるポイント アボカドマネージャーのタスク管理機能を使えば、アボカド栽培の一連の活動を計画し実践し記録に残していくことができます。さらに、計画した作業を事前にメールでお知らせするリマインダー機能が確実な […]
アボカド栽培マップ

アボカド栽培とかんきつ栽培

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの栄養素

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培は「アボカドマネージャー」がサポート

アボカドの主要産地:アメリカ合衆国(カリフォルニア州)

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの種を発芽させる

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドを観葉植物で楽しむ

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培 – 寒冷地栽培

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培 – 受粉

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培 – 開花

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培 – 水やり

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培 – 夏枝の管理

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培 – 春枝の管理

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの有機物マルチ

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの根域

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド苗木の準備

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの実生苗を作る

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドのパワー

アボカドの育て方をご紹介しています。
ハワイアボカドフェスティバル(第14回)

アボカドの楽しみ方

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培「アボカドマネージャー」

初心者でも楽しめるアボカド水耕栽培

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培マップ

日本でのアボカド栽培の注意点

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの特徴的な開花

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培での灌水の重要性

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

ステージ別のアボカド栽培方法

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの苗木からの育て方

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの種からの育て方

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理

アボカドの注目品種シャーウィルを知る

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド2段接ぎ

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの種を播種する

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの主要産地:エルサルバドル(アカフトラ)

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理の決定版

アボカドの主要産地:ホンジュラス(サンペドロスラ)

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの主要産地:メキシコ(ミチョアカン州)

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの代表品種ハスを知る

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの枯れ枝の管理は重要

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの樹冠をチェック!

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの穂木を接ぎ木する

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカド栽培を左右する耐寒性

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドの葉先が茶色になる現象

アボカドの育て方をご紹介しています。
アボカド栽培管理「アボカドマネージャー」

アボカドをカットバックで立て直す

アボカドの育て方をご紹介しています。
ハワイアボカドフェスティバル(第13回)

14th Annual Avocado Festival Report

アボカドの育て方をご紹介しています。


アボカド栽培あれこれ



アボカド栽培キーワード


Agri Manager   AgriManager   AI   Field Trip   ICT   IoT   アグリマネージャー   アプリ   アボカド   アボカドAタイプ   アボカドBタイプ   アボカドイベント、ハワイ   アボカドカットバック   アボカドが冬に枯れる   アボカドシャーウィル   アボカドツイート   アボカドの育て方   アボカドハス   アボカドピンカートン   アボカドフィトフトラ   アボカドフェルテ   アボカドベーコン   アボカドメキシコーラ   アボカドレシピ   アボカドを種から育てる   アボカド低温障害   アボカド初心者   アボカド剪定   アボカド剪定、アボカド栽培地、アボカド病気   アボカド卸売価格   アボカド収穫   アボカド受粉   アボカド台木   アボカド品種   アボカド国内市場   アボカド国内栽培   アボカド土   アボカド基礎知識   アボカド実生   アボカド実生、アボカド発芽、アボカド種   アボカド寒冷地栽培   アボカド専門家   アボカド接ぎ木   アボカド料理   アボカド施肥   アボカド栄養素   アボカド根   アボカド栽培   アボカド栽培ノウハウ   アボカド栽培のコツ   アボカド栽培のポイント   アボカド栽培の権威   アボカド栽培の重要性   アボカド栽培地   アボカド栽培技術   アボカド植え付け   アボカド水やり   アボカド水耕栽培   アボカド灌水   アボカド病気   アボカド発芽   アボカド種   アボカド穂木   アボカド結実   アボカド苗木   アボカド葉   アボカド輸入   アボカド輸入に潜むリスク   アボカド農家   アボカド開花   イラスト   クスノキ科 ワニナシ属   クスノキ科ワニナシ属   スマホ   寒さに弱いアボカド   寒さに強いアボカド   栽培のコツ   農業