アボカドの日本への輸入はどこまで伸びるのか

アボカド栽培のポイント

アボカドを取り巻く環境

アボカドマネージャー(Avocado Manager)のアボカド関連情報

アボカドの日本への輸入状況

アボカドの輸入量の増加は目覚ましく、日本でのアボカド消費量が年々増加していることを示しています。

特徴的なことは産地や品種が極めて限定的である点で、メキシコ産のハスが主流です。

アボカドは大部分が輸入

アボカドの日本における消費を支えているのは、栽培の本場である中南米を中心とする国からの輸入に依存しています。

アボカド輸入量の推移
日本でのアボカド消費は年平均およそ10%の勢いで伸びていますが、その大部分がメキシコ産のハスで占められているのが現状です。
アボカド栽培なら「アボカドマネージャー」
アボカドの日本への輸入量の推移

輸入品アボカドの国内卸売市場価格は上昇トレンド!

アボカド栽培のポイント

アボカドマネージャー(Avocado Manager)のアボカド関連情報

東京卸売市場での輸入アボカドの卸売価格の推移

輸入品の価格も上昇傾向

東京卸売市場の価格の推移を見ると、2019年も1月から6月までの価格は上昇傾向にあります。

2019年6月の卸売価格は、1キロあたり622円となっています。