アボカドのパワー

アボカド栽培の楽しみ方

アボカドを育てる

アボカドは熱帯果樹の一つですが、その豊富な栄養価や多彩なレシピは日本での需要を増やす要因の一つと考えられます。

アボカドの日本への輸入はどこまで伸びるのか

アボカド栽培のポイント

アボカドを取り巻く環境

アボカドマネージャー(Avocado Manager)のアボカド関連情報

アボカドの日本への輸入状況

アボカドの輸入量の増加は目覚ましく、日本でのアボカド消費量が年々増加していることを示しています。

特徴的なことは産地や品種が極めて限定的である点で、メキシコ産のハスが主流です。

アボカドは大部分が輸入

アボカドの日本における消費を支えているのは、栽培の本場である中南米を中心とする国からの輸入に依存しています。

アボカド輸入量の推移
日本でのアボカド消費は年平均およそ10%の勢いで伸びていますが、その大部分がメキシコ産のハスで占められているのが現状です。
アボカド栽培なら「アボカドマネージャー」
アボカドの日本への輸入量の推移

アボカドのグローバル生産量推移がスゴい!

アボカド栽培は「アボカドマネージャー」がサポート

アボカド栽培のポイント

アボカドマネージャー(Avocado Manager)のアボカド関連情報

アボカドの主要国別生産状況

アボカドの世界での生産状況を見ると、生産地域の特徴が表れています。

アボカド生産の生産量は長年増加傾向

アボカドの消費量が日本で増加しているように、世界の生産量も伸び続けています。

アボカドのグローバル生産量の推移グローバルのアボカド生産は南米地域が主要なポジションを占めています。
アボカド栽培は「アボカドマネージャー」がサポート
アボカドマネージャーのアボカド関連情報

世界のアボカド主要産地別の生産量推移

過去のトレンド

(単位:トン)
(出展:FAOSTAT)

Year Mexico
1961 108,057
1962 112,934
1963 130,046
1964 131,721
1965 161,910
1966 169,510
1967 173,899
1968 192,307
1969 201,739
1970 226,034
1971 236,791
1972 234,270
1973 286,443
1974 260,890
1975 279,470
1976 280,421
1977 333,112
1978 395,168
1979 365,957
1980 441,768
1981 460,879
1982 486,056
1983 426,618
1984 439,418
1985 566,451
1986 627,906
1987 520,837
1988 682,928
1989 473,156
1990 686,301
1991 780,403
1992 724,523
1993 709,296
1994 799,929
1995 790,097
1996 837,787
1997 762,336
1998 876,623
1999 879,083
2000 907,439
2001 940,229
2002 901,075
2003 905,000
2004 987,000
2005 1,021,515
2006 1,134,250
2007 1,142,892
2008 1,162,429
2009 1,230,973
2010 1,107,135
2011 1,264,141
2012 1,316,104
2013 1,467,837
2014 1,520,695
2015 1,644,226
2016 1,889,354
2017 2,029,886

アボカドがスーパーフードなワケ

アボカド栽培ブーム

アボカドマネージャー(Avocado Manager)のアボカド関連情報

アボカドの魅力

アボカドの栄養素

アボカドは「森のバター」といわれるほど資質が豊富で、全体の20%を占めています。植物性のため、血中コレステロールを増やす心配もなく、動脈硬化を気にする人にも1個くらいなら安心して食べられるそうです。

脂肪の20%はリノール酸、オレイン酸、パルミチン酸などの不飽和脂肪酸なので、老化防止に役立つくらいとのことです。アボカド1個で鉄を0.7ミリ、カリウムを720ミリグラムも摂取できるといわれています。

食物繊維も豊富に含まれていて、便秘、貧血、動脈硬化、糖尿病などにも効果があるとのことです。ビタミンとミネラルのバランスがよく、高エネルギーだからスタミナ食としても人気があります。

アボカドの植物性タンパク質には体内で合成できない必須アミノ酸のうち、トリプトファンやリジンが豊富です。トリプトファンには神経伝達物質のセロトニンをつくり、不安や緊張を緩和する働きがあり、リジンには成長を促す作用があるとのことです。

またカリウムには利尿と降圧の働きがあり、体の熱をさまし、高血圧でのぼせ気味の人には都合がよいそうです。

アボカド栽培の国内事例をチェック!

アボカド栽培なら「アボカドマネージャー」

アボカド栽培の国内の状況

アボカドマネージャー(Avocado Manager)のアボカド関連情報

アボカド国産化への取り組み

アボカド栽培の国内事例伝統的なかんきつの産地である長崎県諫早市では、アボカド栽培への取り組みが行われています。

アボカド栽培なら「アボカドマネージャー」
アボカド栽培の国内事例